当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

USBコネクタとは?端子・規格の『種類一覧』やどんな役割なのか分かりやすく解説!

この記事では、

端子・規格の『種類一覧』を紹介しつつ、

  • USBコネクタとは何なのか?
  • どんな役割をしているのか?

詳しく解説していきます!

目次

USBコネクタとは?

どんな役割をしているのか?

USBは「Universal Serial Bus(ユニバーサル・シリアル・バス)」の頭文字を取った略語で、デジタルデバイス間でデータの送受信や電力供給を行うための一般的な規格です。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonを見る
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピングを見る

USBコネクタとは、USBケーブルやUSBデバイスのプラグ側を差し込む、差込口・接続ポート・ジャックなどを指します。

一般的に、長方形で平たい角型のUSB Type-Aコネクタが広く使用されており、これはコンピュータ、電子機器、周辺機器などに搭載されています。

USBコネクタを介して、キーボード、マウス、スマートフォン、充電器、USBメモリースティック(フラッシュドライブ)などのUSBアクセサリーを接続できます。

コネクタの形状にはどのような違いがある?

USBは、デバイスの形状や必要な転送速度などの要件に合わせて『複数のコネクタ形状』が用意されており、メーカーは最適なコネクタを選択しています。

パソコンに接続するのか、プリンターや外付けハードディスクなどの周辺機器に接続するのか、スマホ・タブレット・ノートパソコンなどに接続するのか、

異なるデバイスに合わせて、
最適な形状のコネクタが使用されています。

Type-A・Type-B・Type-Cの違いは?

USB Type-A、Type-B、およびType-Cの主要な相違点は、コネクタの外形に見られます。

↓Type-Aコネクタが長方形の平たい角型であるのに対して、

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonを見る
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピングを見る

Type-Bコネクタは正方形に近い形状をしていて、

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonを見る
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピングを見る

Type-Cは小さな楕円形の形状をしているのが特徴です。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonを見る
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピングを見る

異なるデバイスに合わせて、最適な形状のコネクタが使用されています。

Type-Bコネクタには、mini USBやMicro USBなど、異なる形状のコネクタが存在しているため、どの種類のUSBケーブルが必要かを事前に確認することが非常に重要です。

USB2.0・3.0などの数字は何を表している?

USB2.0や3.0などの数字は、
データの『転送速度』を示しています。

USBは転送速度が向上するたびに、新しい規格である「USB1.1」「USB2.0」「USB3.0」「USB3.1」が発表されてきました。

つまり、数字が大きくなるにつれて『転送速度が早くなる』ということです。

高速な転送速度を求める場合は、最新の仕様に合ったケーブルとデバイスの両方が必要になるので、

接続したいデバイスが、どの規格に対応しているのか(2.0対応なのか3.0対応なのか)に応じて、USBを選択してくださいね。

【USBコネクタ】端子・規格の種類一覧

Type-Aコネクタ

USB Type-Aは、

長方形の平たい角型のコネクタで、最も初期に設計された規格であり、主にコンピュータ側のUSBポートに使用されています。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonを見る
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピングを見る

USB機器の給電や、パソコン周辺機器の接続にも用いられている端子です。

USB Type-Aには『2.0・3.0・3.1』などさまざまな規格が存在しており、同じType-Aであればどの規格でも接続することができます。

変換ケーブルを使用すれば、幅広い端子にも対応できるのが特徴です。

Type-Bコネクタ

USB Type-Bは、

正方形に近い形状をしたコネクタで、主に外付けハードディスクやプリンターなどの周辺機器に接続するために使用されています。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonを見る
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピングを見る

USB Type-Bは『規格に応じて形状が異なる』のが特徴で、2.0は正方形に似た台形の形・3.0は長方形のサイズが異なるものが重なり合ったような形状をしています。

mini USB・Micro USBでもコネクタの形状が異なるため、どの種類のUSBケーブルが必要かを事前に確認することが非常に重要です。

Type-Cコネクタ

USB Type-Cは、

小さな楕円形の形状をした、高速かつ大容量のデータ通信が可能で、デバイスの小型化と薄型化に寄与したコネクタです。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonを見る
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピングを見る

非常にコンパクトで、向きを気にせずに差し込める形状になっているのが特徴的。

近年、多くのデバイスがこの形状に移行しており、スマホ・タブレット・MacBook・パソコン・デジタルカメラ・SSDなどの新しい製品で採用されています。

また、一般的にUSB Type-Cがケーブルの両端で統一されている場合が多く、ケーブルの汎用性も向上しています。

Mini USB Type-Bコネクタ

Mini USB Type-Bは、

データ通信が迅速に行える小型の楕円形コネクタです。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonを見る
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピングを見る

外付けハードディスク・カメラ・携帯電話・MP3プレーヤーなどの様々な機器で使用されてきましたが、

近年、新しいUSBコネクタ規格である『USB Type-C』に取って代わられつつあります。

USB Type-Cが普及する中で、Mini USB Type-Bはごく一部の古いデバイスでのみ見られるようになっています。

Micro USB Type-Bコネクタ

Micro USB Type-Bは、

一部の古いスマートフォンや極めて小型のデバイスで見られる、小さくて角型の形状を持つコネクタでです。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonを見る
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピングを見る

外付けハードディスク・携帯電話・スマートフォン・タブレット・カメラ・Bluetoothヘッドセットなど、多くの機器で使用されていましたが、

USB Type-Cの普及とともに、新しいデバイスでの使用は減少しています。

USB Type-Cは、接続の便益性や高速データ転送速度などの点で優れており、今後のデバイスでの主要なコネクタとして期待されているため、

今後は『USB Type-C』コネクタが主流になっていくでしょう。

【USBコネクタ】まとめ

端子・規格の『種類一覧』を紹介しつつ、

  • USBコネクタとは何なのか?
  • どんな役割をしているのか?

詳しく解説してきました。

USBは「Universal Serial Bus(ユニバーサル・シリアル・バス)」の頭文字を取った略語で、デジタルデバイス間でデータの送受信や電力供給を行うための一般的な規格であり、

USBコネクタとは、USBケーブルやUSBデバイスのプラグを挿入するための差込口、接続ポート、ジャックなどを指します。

USB Type-A、Type-B、およびType-Cの主要な相違点はコネクタの外形にあり、

USB 2.0や3.0などの数字は、データの転送速度を示しています。

USBを購入する際は、接続したいデバイスがどの規格に対応しているのかを確認して、最適なUSBを選択してくださいね。

目次