当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

レコードプレーヤーはどこに売ってる?販売店・選び方・初心者へのおすすめを紹介!

この記事では、

レコードプレーヤーはどこに売ってるのか?

販売店・選び方・初心者へのおすすめを紹介していきます!

目次

レコードプレーヤーはどこに売ってる?販売店を紹介

レコードプレーヤーは、以下のような場所で入手できます。

  • 家電量販店(ヨドバシカメラ、ビックカメラ、エディオンなど)
  • オーディオショップ(島村楽器など)
  • ディスカウントストア(ドン・キホーテなど)
  • オンライン通販サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなど)

ただし、在庫状況や取り扱い店舗には差異があるため、購入前に確認が必要です。

通販サイトは品揃えが豊富で、お得な価格で入手できることが多いため、比較検討には最適です。

レコードプレーヤーの選び方は?

レコードプレーヤーの選び方は、

  • 回転方式(ベルトドライブ式・ダイレクトドライブ式)
  • カートリッジ
  • トーンアーム
  • フォノイコライザーの有無
  • スピーカー内蔵の有無
  • Bluetooth対応の有無

などなど様々あります。

…難しくてよく分からないですよね。

ここからは、初心者向けと言われている
おすすめのレコードプレーヤーを紹介しますのでご参考下さい。

初心者におすすめのレコードプレーヤー

オーディオテクニカ(Audio Technica) フルオートターンテーブル AT-LP60X

簡単な操作で使いやすい
フルオートタイプのプレーヤー。

アルミニウム合金ダイキャストを使用し、安定した回転とクリアな再生を実現。

VM型ステレオカートリッジも搭載され、フォノイコライザー内蔵で幅広い機器に接続可能なレコードプレーヤーです。

オーディオテクニカ(Audio Technica) サウンドバーガー AT-SB727

コンパクトなボディで
レコードを挟んで再生できるプレーヤー。

持ち運びも簡単で、家の中だけでなく外出先でも気軽に使用できます。さらに、USB充電が可能なため、フル充電一回で約12時間連続再生が楽しめます。

ワイヤレスのアクティブスピーカーとの連携も可能で、初めて接続する際はペアリングが必要ですが、2回目以降は電源を入れるだけで自動的に接続されます。

また、付属のケーブルを使えば、ピンジャック付きのアンプでも再生できるため、さまざまなシチュエーションで使用できるのが魅力です。

デノン(DENON) アナログレコードプレーヤー DP-29F

コンパクトなデザインで
設置が簡単で、価格も手頃なプレイヤー。

オン・オフの切り替えが可能なフォノイコライザー内蔵のフルオートタイプ。

ベルトドライブ方式で、アルミダイキャスト製のターンテーブルを備えています。

MMカートリッジが同梱されているので、すぐに使い始められるのも初心者向き。

以上がレコードプレーヤーの入手方法と選び方、初心者向けのモデルについての情報です。お役立ていただければ幸いです。

参考サイト

↓選び方・初心者におすすめのレコードプレーヤーについては、こちらのサイトを参考にさせて頂きました。

専門的なことを分かりやすく解説して下さっているので、こちらもぜひご参考下さい。

目次