当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

ラクレコとCDレコどっちがいい?違いを比較しておすすめを紹介!

ラクレコとCDレコどっちがいいのか?

それぞれの機能の違いを比較して
おすすめを紹介していきます!

パソコンなしでCDの曲を簡単にスマホに入れることができる、スマホ用CDレコーダーであるラクレコ・CDレコは、

  • 機械が苦手な人でも簡単に使える
  • 有線ケーブル・Wi-Fiモデルがある
  • 音質を5段階から選べる(CD音質で保存することも可能)
  • 曲名やジャケット写真などを自動で取得してくれる(Gracenoteのデータベースにある曲なら)
  • シャッフル・リピート再生
  • 曲プレイリスト作成
  • バックアップ機能あり

など基本的な機能は同じなのですが、

CDの取り込み時間や、ラクレコだけ・CDレコだけにある機能など違いもあります。

それぞれの機能を比較して
どんな人にどちらがおすすめなのか?

本文で詳しくお話していきますね。

目次

ラクレコとCDレコどっちがいい?違いを比較!

取り込み時間はCDレコの方が早い

公式サイトに記載されている
CDの取り込み時間を比較すると、

約60分のCDアルバムを
取り込むのにかかる時間は

  • ラクレコ『5分以下』
  • CDレコ『約4分』

CDレコの方が1分ほど取り込み時間が早いです。

そのため、取り込みたいCDの枚数が多い方や「なるべく早く取り込みたい」と思う方には、CDレコの方がおすすめです。

>>【CDレコ】どれがいい?口コミレビュー評価と合わせておすすめを紹介!

語学学習はラクレコの方が向いてる

ラクレコには、

英語などの語学学習用
さまざまな再生方法が用意されています。

速すぎて聞き取れないときは『スロー再生(0.5倍速〜)』で、再生速度を落として発音を確認できるし、

聴き取り難易度をアップさせたい・時短学習したいときは『倍速再生(最速3.0倍まで)』で速聴トレーニングができるし、

同じところを繰り返し練習したいときは『A-B間リピート機能』で、

繰り返し再生したいところを指定したり、リピート開始の始点を変えずに、繰り返し再生フレーズを少しずつ伸ばしていくことで、

苦手なところを重点的にトレーニングすることができますよ。

さっきの所をもう一度聴きたいなと思ったときは、

『3秒戻し&10秒スキップ機能』で、聞き逃した箇所を聴き直したり、不要な箇所をスキップすることもできます。(個別に秒数変更も行えます)

こういう語学学習用に特化した
再生機能はCDレコにはないので、

英語など語学学習用のCDをスマホに取り込みたい場合は、ラクレコの方がおすすめです。

>>ラクレコの口コミレビュー評価は?Wi-Fiとケーブルどっちがいいかも解説!

端末内の曲・Apple Musicの曲も一緒に聴きたいならCDレコ

CDレコでは、

取り込んだCDの他にも、スマホ端末内の曲(Android/iTunes楽曲)や、Apple Musicの曲も一緒に聴くことができます。

CDの曲・端末内の曲・Apple Musicの曲を混在させて、ミックス再生したりプレイリストを作成することもできるので、

「1つのアプリですべての音楽が聴けるようにしたい」

という方には、CDレコの方がおすすめです。

逆に「CDを取り込んだ曲と、端末内・サブスクの曲は区別したい」という方には、ラクレコの方が使いやすいでしょう。

>>【CDレコ】どれがいい?口コミレビュー評価と合わせておすすめを紹介!

アルバム単位で管理する『プレイリスト』を作成したいならラクレコ

ラクレコ・CDレコともに、自分の好きな曲をまとめて好きな曲順で楽しむことができる『曲プレイリスト』機能は備わっているのですが、

ラクレコにはこれに加えて、

アルバム単位でまとめられる
『アルバムプレイリスト』機能も備わっています。

好みのアルバムを、アーティストを問わずまとめてプレイリストを作成することができるので、

自分でテーマを決めてアルバムをまとめたり、語学学習用に取り込んだCDをまとめることができますよ。

便利ですよね!

発売年別にアルバムを並べたり、10年おきの年代別で並べられるフィルタも用意されているので、歴史をたどりながら楽しむこともできちゃいます。

こういう機能はCDレコにはないので、

「アルバム単位でプレイリストを作成したい」方には、ラクレコの方がおすすめです。

>>ラクレコの口コミレビュー評価は?Wi-Fiとケーブルどっちがいいかも解説!

アーティスト情報・ニュース・再生ランキングなども観たいならCDレコ

ラクレコ・CDレコともに、

CDを取り込むと、曲名・アーティスト名・アルバム名・歌詞・ジャケット写真を、インターネットから自動取得してくれる機能が備わっており、

両方とも、音楽認識技術の業界標準である『Gracenote』のデータベースにある曲であれば、曲情報を取得できるようになっています。

CDレコには、この基本的な機能に加えて

CDJournalのデータベースから、アーティスト情報・ニュース・これまでリリースしたCDのディスコグラフィが表示される『CDブックレット』機能や、

CDレコの専用アプリ(CDレコミュージック)で、実際に再生されている回数を集計し、性別・年代・地域でどんな音楽を聴いているのかをチェックできる『再生ランキング』機能、

再生中の曲のタイトルやアーティスト名を、Xに投稿して友達にシェアできる『Nowplaying』機能、

お友達の端末にも同じ歌詞を表示させることができる『歌詞共有』機能なども備わっています。

音楽を聴いて楽しむだけでなく、

  • アーティスト情報やニュースも知りたい
  • 再生ランキングもチェックしたい
  • シェア機能欲しい
  • 歌詞共有したい

という方には、CDレコの方がおすすめです。

>>【CDレコ】どれがいい?口コミレビュー評価と合わせておすすめを紹介!

SDカード・USBメモリーにデータをコピーしたいならCDレコ

CDレコには、

本体にSDカード・USBメモリースロットが搭載されているモデルがあり、

スマホにCD楽曲を取り込む→専用アプリ『CDレコミュージック』経由で、スマホから、本体に差したSDカード・USBメモリーにデータをコピーすることができます。

SDカードスロット・USBポートが搭載されているカーオーディオなら、SDカード・USBメモリーにコピーした音楽を、車内で聴くことができるし、

SDカードにコピーした音楽を、Android非搭載のウォークマン(A50シリーズ)で楽しむこともできます。

SDカードやUSBメモリーに入れた音楽データを、本体からスマホの専用アプリ『CDレコミュージック』へコピーすることもできるので、

古いパソコンや車に保存されていた曲を、SDカードやUSBメモリーを使ってCDレコミュージックで聴くことも可能です。

別途USBスピーカーを用意すれば、USBスピーカーをつないでCDプレーヤーとして使うこともできますよ。

ラクレコにもmicroSDスロット搭載のモデルはあるのですが、

音楽データを読み込んだmicroSDカードを他の機器に挿し込んでも音楽の再生はできないため、あくまでも保存用として活用する感じになります。

取り込んだCDデータをSDカードやUSBメモリーにコピーして、他の機器でも楽曲を楽しみたい方や、

古いパソコンや車に保存されていた曲もスマホで聴きたい方には、CDレコの方がおすすめです。

>>【CDレコ】どれがいい?口コミレビュー評価と合わせておすすめを紹介!

iPhone・iOS標準の『ファイルアプリ』にバックアップしたいならCDレコ

ラクレコ・CDレコともに
バックアップ機能は備わっていますが、

ラクレコのバックアップ先が
DVDメディア・microSDカード(RR-PW2シリーズのみ)だけなのに対して、

CDレコのバックアップ先は、

  • DVDメディア
  • スマホ用USBメモリー
  • USBメモリー(CD-6Wシリーズのみ)
  • SDカード(CD-6Wシリーズのみ)
  • iPhone・iOS標準『ファイルアプリ』

と選択肢が多いです。

特にiPhoneを使用している方には、iPhone・iOS標準の『ファイルアプリ』にデータを保存できるのはありがたいですよね。

ファイルアプリから、iCloudなどのクラウドや外部ストレージに音楽データをコピーすることができるので、より手軽にバックアップをとって保管できます。

iPhoneを使用している方はもちろん、DVDメディア以外のバックアップ先を選びたい方にも、ラクレコよりCDレコの方がおすすめです。

>>【CDレコ】どれがいい?口コミレビュー評価と合わせておすすめを紹介!

本体を『推し色』に彩りたいならCDレコ

CDレコには、

推し色のパネルでCDレコを
『推しレコ』に変身させることができる

着せ替えパネルに対応したモデルがあります。

着せ替えガラスパネル(別売り)は、

カラー12色+デザイン2種類の合計14種類で、天板のパネルはCDレコ本体とマグネット(磁石)で固定されており、簡単に取り外して着せかえが可能です。

「本体を推し色のカラーにしたい」

という方には、ラクレコよりもCDレコの方がおすすめです。

>>【CDレコ】どれがいい?口コミレビュー評価と合わせておすすめを紹介!

【最後に】ラクレコとCDレコどっちがいいのか?おすすめを紹介!

ラクレコとCDレコどちらを選ぶのが良いのか…?

↓どちらも共通でおすすめなのはこんな人。

  • パソコンを使わずにCD楽曲をスマホに取り込みたい人
  • 機械が苦手な人
  • CD音源そのままの音質で聴きたい人
  • スマホの容量を節約しつつ良い音質で聴きたい人
  • 自分だけのプレイリストを作って楽しみたい人
  • 車でも気軽にCD楽曲を聴きたい人

ラクレコはこんな人におすすめです。

  • 英語などの語学学習用に使いたい人
  • 取り込んだ曲と、端末内の曲やApple Musicの曲を区別したい人
  • アルバム単位でプレイリストを作成したい人

>>ラクレコの口コミレビュー評価は?Wi-Fiとケーブルどっちがいいかも解説!

CDレコはこんな人におすすめです。

  • CDの取り込み時間が早い方を選びたい人
  • 取り込んだ曲と、端末内の曲・Apple Musicの曲を一緒に聴きたい人
  • アーティスト情報・ニュース・再生ランキングなども観たい人
  • iPhone・iOS標準の『ファイルアプリ』にバックアップしたい人
  • SDカード・USBメモリーにデータをコピーしたい人(CDレコ6)
  • 本体を『推し色』に彩りたい人(CDレコ6)

>>【CDレコ】どれがいい?口コミレビュー評価と合わせておすすめを紹介!

ラクレコとCDレコどちらにするかを決めたら、有線・Wi-Fi・ハイエンドモデルなど、どれを選ぶのが良いか上記のリンク先をご参考ください。

お好きなモデルを選んで、CD楽曲をスマホで思いっきり楽しんでくださいね。

目次