当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

カナル型イヤホンをつけるとかゆい…耳の中が痒くなる原因と対策方法を解説!

カナル型イヤホンを
つけると耳がかゆい…

その原因は、カナル型イヤホンをつけてからすぐにかゆくなるのか、

長時間使用していると痒くなるのかで異なります。

この記事では、

どうして耳の中が痒くなるのか?
原因と対策方法を解説していきます!

目次

【カナル型イヤホン】耳の中が痒くなる原因は?

今使用しているイヤピースが肌に合っていない

カナル型イヤホンを入れると
すぐに耳の中がかゆくなったり、

5〜10分入れ続けただけで「もう無理!」となるほど、痒みが強くなってくる場合は、

今使用しているカナル型イヤホンの『イヤーピース』があなたの肌に合わず、

アレルギー反応を起こしている可能性が高いです。

汗を弾くために塗られているコーティング剤に対して、アレルギー反応が出ている場合もありますし、

イヤーピース素材そのもの(シリコン)に対して、アレルギー反応が出ている場合もあります。

どちらにしても、そのイヤーピースはあなたの肌に合っていないので、すぐに使用をやめて、別のイヤーピースに代えましょう。

アレルギー反応は
人によって個人差がありますが、

酷いと耳だれが出てきたり、外耳炎になってしまうこともあるので、異常を感じたらすぐに耳鼻科で診てもらってくださいね。

↓イヤーピースは、こちらのような『医療用グレードの肌に低刺激な素材』を選ぶと、アレルギー反応が起こりにくいので安心ですよ。

イヤホンの長時間使用で耳の中が蒸れている

カナル型イヤホンを
長時間使用していると、

耳の中は長時間密閉され続けていることになります。

実はこれ、耳にとってはかなり危険な状態で…

密閉されているから湿気がこもって、耳の中が蒸れてかゆくなるだけならまだ良いのですが、

耳の中が蒸れると、菌が発生しやすい状態になるので、

皮膚が炎症を起こして強いかゆみが生じる『外耳炎』や、耳にカビが生えて強いかゆみや痛みなどの症状が起こる『外耳道真菌症』になる危険があるんですよ。

怖いですよね。

少しかゆみを感じているくらいなら、カナル型イヤホンの長時間使用を控えて、耳の換気を良くしてあげれば収まってくると思いますが、

強いかゆみを感じていたり、耳だれが出てくる場合は心配なので、耳鼻科で診てもらった方が良いでしょう。

カナル型イヤホンの長時間使用は、耳にとってかなり危険です。

↓どうしても長時間使いたい場合は、こちらのようなオープンイヤー型の『耳を塞がないイヤホン』に代える事をおすすします。

あわせて読みたい
ヌームのイヤホン『耳スピ』口コミ評判は?どれを選ぶのが良いかおすすめも紹介! ヌームのイヤホン『耳スピ』について口コミや評判をご紹介します。 どのモデルを選ぶのが良いか、おすすめも比較紹介していきますね。 耳を塞がずに聴ける、オープンイ...
あわせて読みたい
【Anker Soundcore AeroFit】口コミレビュー評価は?Proとの違いも比較紹介! 『Anker Soundcore AeroFit』について口コミやレビュー評価をご紹介します。 Proモデルとの違いや、どちらがどんな人におすすめなのかについても比較解説していきます。...

【カナル型イヤホン】耳がかゆくならない対策方法は?

耳が痒くならないイヤーピースに代える

今使用しているイヤーピースが合わなくて、

アレルギー反応を起こして耳がかゆくなっている場合は、

↓こちらのような『医療用グレードの肌に低刺激な素材』を選ぶと、アレルギー反応が起こりにくく、耳の痒みも気にならなくなるはず。

遮音性も高いし、圧迫感も少なめなのでおすすめです。

カナル型イヤホンの長時間使用を避ける

カナル型イヤホンの長時間使用は
耳にとってかなり危険です!

密閉されることで耳の中が蒸れて、菌が発生しやすい状態になり…

皮膚が炎症を起こして強いかゆみが生じる『外耳炎』や、耳にカビが生えて強いかゆみや痛みなどの症状が起こる『外耳道真菌症』になる危険があるので、

大切な耳を守るためにも、カナル型イヤホンの長時間使用は避けましょう。

↓どうしても長時間使いたい場合は、こちらのようなオープンイヤー型の『耳を塞がないイヤホン』に代える事をおすすします。

あわせて読みたい
ヌームのイヤホン『耳スピ』口コミ評判は?どれを選ぶのが良いかおすすめも紹介! ヌームのイヤホン『耳スピ』について口コミや評判をご紹介します。 どのモデルを選ぶのが良いか、おすすめも比較紹介していきますね。 耳を塞がずに聴ける、オープンイ...
あわせて読みたい
【Anker Soundcore AeroFit】口コミレビュー評価は?Proとの違いも比較紹介! 『Anker Soundcore AeroFit』について口コミやレビュー評価をご紹介します。 Proモデルとの違いや、どちらがどんな人におすすめなのかについても比較解説していきます。...

耳垢が気になっても掃除しすぎない

耳の構造上、耳垢は『耳の入口付近』にたまるものなので、

イヤーピースを耳の奥に押し込んで聴くタイプのカナル型イヤホンは、特に耳垢がつきやすいです。

イヤホンに耳垢がつくのって、気になるし恥ずかしいですよね…

でも「耳垢がつかないようにしなきゃ!」と毎日念入りに耳掃除していると、皮膚のバリアが弱まったり、傷がついて細菌に感染して外耳炎になってしまう危険があります。

耳掃除は頻繁にやる必要はなく、月に1〜2回で十分なので、耳垢が気になっても掃除しすぎないように注意しましょう。

▼イヤホンに耳垢がつかないようにする対策方法はこちらで解説しています。

あわせて読みたい
イヤホンに耳垢がつくのが恥ずかしい…つかない方法はある?対策法を紹介! イヤホンに耳垢がつくのって恥ずかしいですよね… どうしてイヤホンに耳垢がつくのか? 耳垢がつかない方法はあるのか? 対策方法の解説と、 耳垢がつかないオープンイヤ...

定期的にカナル型イヤホンを掃除する

カナル型イヤホン(特にイヤーピース)が汚れていると、

細菌が発生しやすい状態になります。

細菌がついたイヤーピースを、耳の中に押し込めば…当然菌は耳の中に侵入しますよね。

カナル型イヤホンの長時間使用も危険ですが、掃除を怠るのも危険です。

皮膚が炎症を起こして強いかゆみが生じる『外耳炎』や、耳にカビが生えて強いかゆみや痛みなどの症状が起こる『外耳道真菌症』になってしまわないように、

カナル型イヤホンは定期的に掃除するようにしてください。

殺菌効果のあるウェットティッシュで、表面をさっと磨くように拭いて、細かい部分は歯間ブラシなどで優しくこすって汚れをかき出せばOK。

↓こちらのようなイヤホン掃除ツールも便利です。

耳の中に入れずに聴けるイヤホンに代える

カナル型イヤホンの長時間使用は
危険だからやめた方がいいと言われても…

  • テレワークで1日中つける必要がある
  • 仕事でどうしても長時間使用しなきゃいけない
  • 運動中に音楽を聴かないなんて無理

という場合は、耳の中に入れずに聴ける『オープンイヤー型』のイヤホンに代えることをおすすめします。

耳を塞がずに聴くタイプ
オープンイヤー型のイヤホンなら、

耳の中にイヤホンを入れないので、長時間使用しても耳の中が蒸れることはありません。

長時間使用で、耳がかゆくなることもないし、外耳炎や外耳道真菌症(耳にカビが生える)になる心配もないので安心して使うことができますよ。

↓おすすめのオープンイヤー型イヤホンは、こちらの記事で詳しく紹介しています。

あわせて読みたい
ヌームのイヤホン『耳スピ』口コミ評判は?どれを選ぶのが良いかおすすめも紹介! ヌームのイヤホン『耳スピ』について口コミや評判をご紹介します。 どのモデルを選ぶのが良いか、おすすめも比較紹介していきますね。 耳を塞がずに聴ける、オープンイ...
あわせて読みたい
【Anker Soundcore AeroFit】口コミレビュー評価は?Proとの違いも比較紹介! 『Anker Soundcore AeroFit』について口コミやレビュー評価をご紹介します。 Proモデルとの違いや、どちらがどんな人におすすめなのかについても比較解説していきます。...

【まとめ】耳の中が痒くなる原因と対策方法

カナル型イヤホンをつけると
どうして耳の中が痒くなるのか?

原因と対策方法を解説してきました。

カナル型イヤホンをつけてからすぐにかゆくなる場合は、

今使用しているカナル型イヤホンの『イヤーピース』があなたの肌に合わず、アレルギー反応を起こしている可能性が高いので、

↓アレルギー反応が起こりにくい素材のイヤーピースに代えれば、つけても痒くならないはず。

カナル型イヤホンを長時間使用していると、だんだん耳の中がかゆくなってくる場合は、

密閉され続けたことで
耳の中が蒸れてかゆくなっているか、

耳の中が蒸れて菌が
発生しやすい状態になったことで

外耳炎(皮膚が炎症を起こして強いかゆみが生じる)や、外耳道真菌症(耳にカビが生えて強いかゆみや痛みなどの症状が起こる)になっている場合も考えられます…

少しかゆみを感じているくらいなら、カナル型イヤホンの長時間使用を控えて、耳の換気を良くしてあげれば収まってくると思いますが、

強いかゆみを感じていたり、耳だれが出てくる場合は心配なので、耳鼻科で診てもらった方が良いでしょう。

カナル型イヤホンの長時間使用は、耳にとって非常に危険なので、なるべく使用時間を減らしたほうがいいですよ。

↓どうしても長時間使いたい場合は、こちらのようなオープンイヤー型の『耳を塞がないイヤホン』に代えるのがおすすめです。

あわせて読みたい
ヌームのイヤホン『耳スピ』口コミ評判は?どれを選ぶのが良いかおすすめも紹介! ヌームのイヤホン『耳スピ』について口コミや評判をご紹介します。 どのモデルを選ぶのが良いか、おすすめも比較紹介していきますね。 耳を塞がずに聴ける、オープンイ...
あわせて読みたい
【Anker Soundcore AeroFit】口コミレビュー評価は?Proとの違いも比較紹介! 『Anker Soundcore AeroFit』について口コミやレビュー評価をご紹介します。 Proモデルとの違いや、どちらがどんな人におすすめなのかについても比較解説していきます。...
目次