当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【CDレコ】どれがいい?口コミレビュー評価と合わせておすすめを紹介!

CDレコは『SE・5s・6』
どれを選ぶのがいいのか?

口コミやレビュー評価と
合わせておすすめを紹介します。

パソコンなしでCDの曲を簡単にスマホに入れることができる、スマホ用CDレコーダー『CDレコ』の口コミを見てみると、

「こんなに便利な物があるなんて…」「もっと早く買えばよかった!」という声が圧倒的に多かったです。

有線のCDレコSEと、ワイヤレスのCDレコ5s・6、それぞれにどんな機能が備わっていて、どのような違いがあるのか?

口コミやレビュー評価と合わせて
どのモデルがどんな人におすすめなのか?

本文で詳しくお話していきますね。

↓パソコンなしでCDの曲を
スマホに簡単に入れる事ができる『CDレコ』

目次

【CDレコ】どれがいい?それぞれの機能を比較解説!

まずは『CDレコSE・5s・6』
それぞれの機能を比較解説しながら

おすすめを紹介していきます!

【CDレコSE】有線/エントリーモデル

CDレコSEは、スマホと本体をケーブルでつなぐだけで直感的に使い始めることができます。

2種類のケーブル(LightningとType-C)が添付されているので、iPhone・Androidどちらでも使用できるし、

ウォークマン(NW-WM1ZM2・NW-WM1AM2・NW-ZX707・NW-A300シリーズ・NW-A100シリーズ・NW-ZX500シリーズに対応)でも使用できます。

スマホに専用のアプリ『CDレコミュージック』をインストールして、スマホと本体をケーブルで繋げば、あとは簡単な操作でCDを取り込めるので、

機械が苦手な方でも迷うことなく、気軽に利用できるのがありがたい。

口コミでも「こんなに便利な物があるなんて…」「もっと早く買えばよかった!」という喜びの声が圧倒的に多かったです。

CD取り込み時間は、
約60分のCDアルバムで『約4分』

曲名やジャケット写真は、Gracenote®のデータベースにある曲なら、自動で取得できます。

もし、曲情報が取得できなかった場合は、自分で自由に編集することもできるので、

スマホで撮影したジャケット写真や、スマホ内の画像を設定することも可能ですよ。

音質は5段階から選択できて
『CD音源そのまま』の音質で取り込むこともできます。

スマホの容量を節約したい方用に、高音質・標準など、音質と容量のバランスを考えて選択できるようになっているのもありがたいですね。

CDの取り込み&取り込んだ曲を再生できる専用アプリ『CDレコミュージック』では、

取り込んだCDの他にも、スマホ端末内の曲(Android/iTunes楽曲)や、Apple Musicの曲も一緒に聴くことができます。

CDの曲・端末内の曲・Apple Musicの曲を混在させて、ミックス再生することもできるし、

好きな曲を好きな順番で聴ける『プレイリスト作成』機能もあるので、

ライブのセットリストを再現したり、ドライブで聴きたい曲を集めて、自分だけのプレイリストを楽しむこともできちゃいます。

ワクワクしますよね!

↓Bluetooth接続すれば、車でも聴けますよ。

目次